女の人

会話力を上達させたいなら英会話スクールの学習スタイルを事前に確認

目的にあった物を選ぶ

男性

目的に合わせた選択を

英語の教材は多数ありますが、個人個人でどのような場面での英語力が必要かによって必要な物が変わってきます。英検やTOEIC、TOEFL等の試験に向けた勉強と、海外旅行や転勤等に備えた英会話とでは全く別の勉強が必要だからです。英語をどのように使うのかという目的を考えた上で教材を選択する必要があります。例えばTOEICではビジネス英語が基本となるため、一般的な口語による英会話の教材をいくら勉強してもなかなか高得点にはつながりません。沢山の文章を読み解く力や、ビジネスシーンで良くある言い回しを覚える事が出来、過去の出題傾向がわかる教材を覚える必要があります。英検等は文法やアクセントが主に出題されるため、基本的な英文法を繰り返し演習できる教材が効果的です。逆に海外旅行等実際に会話をするために英語の勉強が必要な場合は、ビジネス用語や文章を読む練習をいくらしてもとっさの時に役立たないということになりがちです。会話のやり取りを重視する事になるので、英会話教室等で実践経験を積む事が効果的ですが、その前段階として基本的な例文等を丸暗記してしまうことも効果的です。1人で学習していても反復練習が苦にならず、記憶が定着しやすくなる工夫がされているような教材を選ぶ必要があります。紙ベースの教材でも、購入者に対してネットを通して会話の練習のサービスが提供されている物もあるので、実際の発音やアクセントの確認をする事ができます。